田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

ウコギ科人参属の多年生草本であり、古来より中国では『金不換』(金に換えられないほど貴重な秘薬の意)と呼ばれ珍重されてきた
生薬の田七人参。
その様々な優れた薬効の理由は、田七人参に含まれる数々の有益な成分に由来します。

 

ここでは、その田七人参の有効成分の中でも「有機ゲルマニウム」について考察していきましょう。

 

超微量元素である有機ゲルマニウム

有機ゲルマニウムとは、炭素で構成された化合物の構造中にゲルマニウムを含むもののことで、カルボキシエチルゲルマニウム
と称する化学名で呼ばれることもあります。

 

有機ゲルマニウムは、超微量元素なので人体にはほんのごく微量しか存在しません。
近年まで、有機ゲルマニウムの人体における必須性は判然としませんでしたが、近年、この有機ゲルマニウムが身体の免疫システムを向上させたり、
抗酸化作用を高めたりする働きを持つミネラルであることがわかってきて、有機ゲルマニウムの有用性の認識が高まってきています。

 

有機ゲルマニウムが不足しがちになると、老化が早まったり、老化に付随した疾患に罹りやすくなると言われています。

水に溶けやすく摂取しやすい免疫力アップ成分

有機ゲルマニウムの特徴として、「水に溶けやすい」という利点があります。
水に溶けやすいので、体内にも吸収されやすく、体内でも過不足なく効率よく利用されます。
また、余計なものも水に溶けて速やかに体外に排出されるのでサプリメントの成分としては理想的なのです。

 

この優れたミネラルである有機ゲルマニウム。
大きく分けて、3つの大きな健康増進に関する有益な働きをします。

 

一つ目は、インターフェロンを作り出してNK(ナチュラルキラー)細胞、マクロファージを活性化させ、体内の免疫システム
を強化してくれる働きです。

 

二つ目は、有機ゲルマニウムにはガン細胞の不活性化および弱小化、転移を抑制する効果が認められるということです。

 

三つめは、有機ゲルマニウムは、骨代謝調節ホルモンのバランスを調節しつつ、摂取したカルシウムの骨への定着を促し、骨の石灰化を促進して
骨量を増やす働きをすることが判明しています。
これは、骨粗しょう症を予防する効果に繋がるわけです。

 

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入