田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

古来より中国では『金不換』(金に換えられないほど貴重な秘薬の意)と言われ、珍重されてきた薬用植物の田七人参。
この優れた効果や効能を発揮する秘密はどこにあるのでしょうか?
それは、田七人参に含まれる様々な有益な成分にありそうです。

 

今回は前回のサポニンと並ぶ田七人参の大きな有効成分の一つである「デンシチン」について考察していきたいと思います。

 

デンシチンとは?

デンシチンとは、アミノ酸の一種であり、止血効果のある成分です。
古来から、中国においては田七人参は、兵士が戦場で負傷した場合などに止血薬として使用されていました。
同じような薬用人参である高麗人参にはこの止血効果は無く、田七人参だけにある特効作用として知られていました。

 

このような止血効果は、田七人参の何に由来するものなのかを後世調べた際に、このアミノ酸が発見されました。
田七人参に含まれる特有のアミノ酸であることから、その名を取って「デンシチン」と命名されました。

外傷出血だけでなく様々な止血に効果を発揮するデンシチン

デンシチンに因る止血作用は、デンシチン特有の止血効果です。
この効果は、外傷における解放出血に対して効くに留まらず、打ち身の青(赤)痣や充血などといった内出血に対しても効果を発揮します。

 

その怪我(内外出血)に対する万能的止血効果から、ベトナム戦争での傷病兵の手当にこの田七人参が使われたという逸話も残っています。

 

更に、これだけではなく、鼻血や痔や子宮粘膜からの出血といった粘膜系の出血や、胃炎や口腔炎や食道炎といった内臓の炎症や疾患に伴う出血に対しても優れた止血効果を発揮するという報告もあります。

 

加えて、デンシチンには、止血効果のみならず、痛みを和らげる鎮痛効果もあることが近年わかってきています。

 

この止血効果と鎮痛効果に非常に優れた薬効を発揮することから、内臓疾患の中でも特に胃潰瘍の患者さんたちには田七人参が内服薬として珍重されてきたという経緯もあります。

 

外用薬としても内服薬としても、優れた薬用植物、まさに『金不換』と呼ばれてきたのも頷けますよね。

 

デンシチンを摂取するには

 デンシチンは、田七人参のみに含まれるアミノ酸の一種で主に止血効果、鎮痛効果があることで知られています。
体の外部への出血のみでなく病気による体内で起こる出血にも効果があることが特徴的です。
しかしながらこのデンシチン田七人参固有の成分であり田七人参から摂取する他ありません。

 

優れた効果で最近注目されている田七人参は、最近では粉末状のものや錠剤等様々な形態のものが発売されていますが、毎日続けて飲むものなので続けやすく飲みやすい錠剤のものがおススメです。

 

また田七人参は、収穫に時間がかかり、栽培に手間がかかること、害虫が付きやすいことから多くの農薬が使われがちです。
しかしながら当サイトおすすめの白井田七は、無農薬、有機栽培でしっかりした製品管理の下生産されているので安心です。、

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入