高脂血症とは

MENU
 

コレステロールや中性脂肪といったような脂質が、血液中に増えすぎた状態のことを、高脂血症といいます。
近年では、色々と語弊を招きやすいという理由から、「脂質異常症」という名称に改められました。

 

高脂血症(脂質異常症)だとされる基準とは?

一般的に以下の内どれかに該当する数値であれば、高脂血症(脂質異常症)ということになります。

 

・中性脂肪値→空腹時でも150mg/dl以上である
・悪玉コレステロール(LDLコレステロール)値→空腹時でも140mg/dl以上である
・善玉コレステロール(HDLコレステロール)値→空腹時でも40r/dl未満である

 

この3つの数値が高すぎると、それぞれ上から、「高トリグリセライド血症」、「高コレステロール血症」と呼ぶ症状になります。
(善玉コレステロール不足の症状は特に固有症状名はない)

 

この「高トリグリセライド血症」と「高コレステロール血症」を総称して一般的に「高脂血症(現在では脂質異常症)」と呼びます。

高脂血症(脂質異常症)の症状とは?

高脂血症(脂質異常症)は上記のように検査をした際の数値の異常で発覚することが多いのですが、特に初期においては
その自覚症状というものがほとんどありません。
なので、本人ではなかなか段階では気が付きにくい病気と言えるかもしれません。

 

とはいえ、そうやって気づかないまま放置して、高脂血症(脂質異常症)が進んでしまうと、やがて増えてしまったコレステロールや
中性脂肪といった脂質が血管内に蓄積付着しだして、血管内壁を傷つけたり、動脈硬化を引き起こしたりします。

 

そして、これが更に進むと、心筋梗塞や脳梗塞といった恐ろしい病気の原因になってしまいます。

高脂血症(脂質異常症)の原因とは何か?

高脂血症(脂質異常症)は、生活習慣病の一種に分類され、その生活習慣や食生活などが大きく関わっています。

 

特に、食生活が大きいです。

 

具体的には、食事が肉食に偏っている人では、肉に含まれる動物性脂肪は、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やします。
その結果、酸素と結び付き、過酸化脂質が増大します。
過酸化脂質というのはざっくり言えば「人間の身体における錆び」みたいなもので、老化や病気を促進してしまいます。

 

この他にも、慢性的な運動不足や、喫煙、飲酒といった生活習慣が、高脂血症(脂質異常症)には大きく因果をもたらします。

 

ですから、食事、運動などの基本的な生活習慣の改善が高脂血症(脂質異常症)にならないためにはまず重要です。

 

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入