糖尿病がもたらすリスク

MENU
 

日本人の4人に1人が発病またはその予備軍だと言われる生活習慣病でもある糖尿病。
一度発症するとなかなか完治しない病気ですが、本当に糖尿病が恐ろしいのは、この病気がもたらす
合併症にあります。

 

ここでは、糖尿病がもたらす二次的な病気、合併症のリスクについて考察していきたいと思います。

 

糖尿病がもたらす合併症のリスク:3大合併症

糖尿病によって引き起こされる合併症の代表的なものが俗に「しめじ」と言われる3大合併症です。

 

・し→糖尿病神経障害

最も代表的な糖尿病の引き起こす合併症のはじめがこの糖尿病神経障害です。
これは、糖尿病による慢性的な高血糖状態によって、手や足の神経に異常をきたしてきて、痛みや痺れなどの症状が出てくる合併症です。
足の裏や足の指先、手の指先などに症状が出ます。
大きな特徴としては、手も足も左右対称に症状が出る点です。

 

悪化すると、皮膚潰瘍になったり、足の先が壊疽を起こしてきます。
最悪の場合には、そうした壊疽を起こした足を切断しなければならないケースも起こってきます。

 

・め→(目の病気の「め」)糖尿病網膜症

人間の目において、レンズの役目を果たしているのが、水晶体ですが、そこで結んだ像を焼き付けるフィルムの役目を果たしているのが
網膜です。
この網膜が、糖尿病による慢性的な高血糖の状態により、網膜部分の非常に細かい毛細血管がダメージを受けていく合併症が糖尿病網膜症です。

 

糖尿病網膜症の恐ろしいところは、基本的に自覚症状のないまま、どんどん進行していくところです。
ですから、糖尿病を発病した時点で、定期的に眼科で眼底検査を行ってチェックすることが必要です。

 

・じ→(腎臓の病気)糖尿病腎症

腎臓は、血液の中の老廃物をろ過して尿に排泄して、かつ必要な養分は血液中に留めて尿に漏らさない大事な働きをしていますが、
糖尿病で慢性的に常時高血糖の状態が続くと、この腎臓のひじょうに細かい血管がダメージを受けて蝕まれていきます。
この合併症が、糖尿病腎症です。

 

進行して悪化すると、腎臓が機能障害を起こして、尿毒症になる危険性が出てきます。
この場合には人工透析を受けなくてはならなくなります。

 

この糖尿病腎症も基本的に自覚症状がないまま進行していきますので、糖尿病を発症したら、定期的に腎臓の検査も行ってチェックしていく必要があります。

3大合併症の他にもたくさん生じる糖尿病がもたらすリスク

以上の3大合併症の他にも、糖尿病にかかるとそれがもたらすリスクのある合併症はたくさんあります。

 

その多くは『血管系の障害』です。

 

具体例を挙げれば、動脈硬化、それによって引き起こされる脳卒中や心臓疾患です。
糖尿病による慢性的な高血糖状態が動脈硬化を進行させるのです。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入