田七人参と糖尿病

MENU
 

現代の日本人の実に4人に1人が、糖尿病に既に罹っているか、もしくはその予備軍だと言われています。
遺伝的な要因も大きいですが、その他に単に加齢以外にも、日頃の食生活をはじめとする生活習慣がファクター
となって発病することも多いので生活習慣病とも呼ばれています。

 

ここでは、糖尿病全般についてざっと考察していきたいと思います。

 

糖尿病になるメカニズム

人間は、血液の中からブドウ糖を細胞に取り込み、それをエネルギーに変えて生命活動を営んでいます。
この際に、この働きを助ける大事な役割を果たしているのが、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンです。
このインスリンの分泌が悪くなり、血液に対する作用が不足してしまうと、血中のブドウ糖をエネルギーに変えることが
できなくなり、血液の中のブドウ糖の濃度、すなわち『血糖値』が高い状態になってしまいます。

 

この状態は高血糖と呼ばれ、これが慢性的に続いてくるのが糖尿病という病気です。

大別して2つの型に分かれる糖尿病

糖尿病には、大きく分けて2つの型の糖尿病に分けられます。

 

1型糖尿病

いわゆる小児型糖尿病と言われるものや、若年性で発病するタイプの糖尿病はこの型がほとんどです。
膵臓のβ細胞(インスリンを作り出す細胞)が破壊されることによって、インスリン分泌がほとんど0になってしまう型です。
遺伝的な要因が強く、自己免疫疾患の際などに突然発病するケースが多いのが特徴です。

 

2型糖尿病

いわゆる生活習慣が要因で罹る糖尿病で、日本人の圧倒的に多いのがこの型です。
膵臓から分泌されるインスリンの量は低下していますが、0ではないのが特徴で、インスリン抵抗性と呼ばれる
細胞のインスリンに対する感受性が低下して起こるケースもあります。

完治は難しいが、コントロールできる病気が糖尿病

さて、この糖尿病、完治は非常に困難な病気なのですが、この病気を上手にコントロールしていくことは、患者さん本人の心がけによって比較的たやすい病気です。

 

血糖値を常に正しい数値に保つために、生活習慣を改善し、食生活を正しい内容と、摂取する時間帯を守り、薬をはじめ生薬、サプリなどを上手に摂っていくことで、糖尿病という病気は、その進行を食い止め、症状も抑えて、上手に付き合っていくことができる病気だと言われています。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入