田七人参の血糖値、hbalcを下げる効果を紹介しています

MENU
 

血液検査をすると「HbA1c」という項目をよく見かけると思います。
このHbA1cは、「ヘモグロビンエーワンシー」と読み、血糖値を見る上で最も目安となる値です。
HbAlc値というのは、血液中の赤血球のヘモグロビンが血中のブドウ糖がどれぐらい結び付いているかを
計る数値です。

 

つまり、この数値が高くなると、それだけ血液中にブドウ糖がたくさんあり、高血糖の状態にあるとわかるのです。

 

このHbAlc値の検査が糖尿病を判別する上で優れている点は、過去1ヶ月〜2ヶ月分の平均の血糖値を出せるので、
信頼性が高いという点です

 

HbAlc値を下げる優れた田七人参

HbAlc値、すなわち血糖値を下げて、高血糖状態を改善すると言われる生薬のサプリメントは数々あります。
鹿角霊芝や菊芋といったものが一般的には有名ですね。

 

そんなサプリメントの中でも、とりわけ、HbAlc値を下げて糖尿病予防に著しい効果があると近年注目を浴びている生薬、
サプリメントがあります。

 

それが、田七人参です。

 

ウコギ科の多年草である中国原産のこの植物は、古代から中国では『金不換』(お金には換えられないぐらい貴重な秘薬の意)と呼ばれ、
珍重されてきたハーブです。
中国古代の三国時代には既にこの田七人参を戦争で傷を負った傷病兵に対して、傷の手当てに塗布したり、飲み薬として散布したという
記録が残されています。

 

この田七人参、実は糖尿病の予防にも大きな効果を上げる成分が含まれているのです。

田七人参に含まれる高含有量のサポニンが鍵

それが、田七人参には、高麗人参の約7倍も含まれていると言われているサポニンです。

 

サポニンは、血液中の中性脂肪を体外に排出させる働きがあり、血液をドロドロからサラサラに綺麗にしてくれる
ことで有名な成分です。
このサポニンが血中のコレステロール値を正常な状態に戻し、血液の循環を改善して、その結果、血糖値を恒常的に下げる
方向に戻して、HbAlc値を下げてくれるわけです。

 

そのようなメカニズムで、高血糖状態にある人でも、田七人参のサプリメントを飲むことが糖尿病の予防になるということです。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入