田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 
HbA1cとは、「ヘモグロビン・エーワンシー」と読み、血中の赤血球のヘモグロビンが、血中のブドウ糖と それぐらい結び付いているかを示す数値です。 1〜2ヶ月の通常の血中のブドウ糖の値を表すとされ、その検査時の状態だけを示す血糖値の数値より 正確な身体の状態を表しているとされます。 すなわち、HbA1cの数値が高ければ、普段の日常の血糖値も高く、HbA1cの数値が低ければ、普段の日常の血糖値も低い ということになるのです。 ここでは、HbA1cが高いとどのような健康リスクがあるか、どのようなことが身体に起こってくるか?について考察して いきたいと思います。
 

HbA1cの正常域・異常域の目安

健康診断等の血液検査で示されるHbA1cの数値の見方の目安としては、 ・HbA1cの数値(NGSP値)が 5.4%未満→普段の日常の血糖値が正常域の人 ・HbA1cの数値(NGSP値)が5.4%〜6.4%→境界型糖尿病の人 ・HbA1cの数値(NGSP値)が6.5%以上→糖尿病の人 大別すると、以上の3つのカテゴリーに分類されます。 境界型糖尿病の人というのは、普段の日常の血糖値が時々高くなると推測される人です。 「糖尿病予備軍」域でグレーゾーンの人とも呼ばれます。

HbA1cが高くなると…

HbA1cの数値が5.4%以上の数値で高いと、そのまま放置すれば、数値は更にどんどん高くなっていきます。 これはどういうことかと言えば、膵臓のβ細胞のインスリンを分泌するパワーと落ちて弱まってきているということです。 インスロンは血中のブドウ糖の量をコントロールする上で非常に重要なものですから、この衰えはとりもなおさず 糖尿病へ直進していきます。 HbA1cの数値が高くなればなるほど、膵臓は無理をすることを強いられるため、反比例してインスリンを分泌するパワーは 落ちていきます。 そして慢性的に血糖値の高いインスリンが効きにくい状態に陥ってしまい、「糖毒性」と呼ばれる最悪の悪循環に入ってしまいます。 こうなると、もはや糖尿病の発症は高い確率で避けられないサイクルに入り、さらに症状が進んでHbA1cの数値が更に高くなれば、 糖尿病による合併症のリスクも高まります。 ですから、HbA1cが高いとすぐに手を打つ必要があると言えるでしょう。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入