田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

よく健康診断や人間ドッグなどの検査結果項目に、「HbA1c」という項目があります。
これは「ヘモグロビンエイワンシー」の意です。
HbA1cは血液の状態を知るうえで健康にとってとても大事な数値のうちの一つなのです。

 

ここでは、HbA1cとは何か?その数値の持つ意味などについて考察していきたいと思います。

 

HbA1cの解説

HbA1cの「Hb」とは、血液の中の赤血球に含まれているタンパク質の一種のことを指します。
ヘモグロビンの主要な働きとしては、酸素と結び付き、酸素を全身の細胞に送り届ける役目があります。

 

そして、このヘモグロビン、血中のブドウ糖とも結び付く性質があるのです。
そして、このブドウ糖と結び付いたものの一部が「ヘモグロビンエイワンシー」(HbA1c)と呼ばれ、
血液検査などで検査数値として示されているわけです。

HbA1cの数値の見方

血中の赤血球は、全身の血管の中を巡り巡って、酸素を細胞に隅々まで運んだりしています。
その寿命は約4か月と言われますが、その生涯の間に赤血球は血中の余ったブドウ糖とどんどん結び付いていく性質があります。
血糖値の高い状態が続いている人であれば、この結び付くブドウ糖と赤血球はガンガン増加します。

 

ということは、健康診断等で血液検査をした結果、HbA1cの数値が高く出ている人というのは、それだけ血中に
ブドウ糖が余分にあり、そのために赤血球と結び付いてしまった、ということを証明しているのです。

 

通常の、健康な人の場合、HbA1cの数値は、4.3%〜5.8%のレンジだとされます。

 

そして、これを大幅に超える数値が出た人、具体的に言えば、6.5%以上の数値が出た場合には「糖尿病型」と判定されます。
糖尿病の疑いが極めて高いということを表す数値になるわけです。

 

一般に、HbA1cは血糖値よりも詳細で正確な数値(指標)であると言われます。
過去1ヶ月〜2ヶ月という比較的長い期間の日常的な血中の血糖状態を表示すると言われるからです。
これに対して血糖値は、血液検査をした瞬間だけの血中のブドウ糖の多寡を示す数値になるわけです、
ですから、検査時に空腹か満腹か、でも血糖値はブレが出てしまいますが、その点HbA1cの数値は指標としては安定してブレが
少ないというわけです。