田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

古代の中国では『金不換』(金には換えられないほど貴重で大事な秘薬の意)と呼ばれ、万能の秘薬として重宝されてきた
生薬である田七人参。
この薬用植物は、痛みの王様とも呼ばれる痛風に効果を発揮すると言われます。
ここでは、田七人参が痛風にどのように効くのか?を考察していきたいと思います。

 

尿酸値を下げる田七人参

 

田七人参には血液を浄化して、新陳代謝を改善し促す効果効能があります。
田七人参に含まれる主成分であるサポニンが、肝機能に直接働きかけ、中性脂肪を低下させます。
これによって、肝臓内のプリン体の量を低下させるのです。

 

プリン体は、分解されることで尿酸値をたかめるので、これを減らすことは痛風予防に効果があります。
これによって、血中の尿酸値も自動的に下がっていきます。

活性酸素の発生を抑える

痛風患者は、活性酸素が過剰に発生しているケースが多いという研究結果があります。
つまり、活性酸素が悪循環のファクターとなって、痛風を悪化させているのです。

 

田七人参の主成分であるサポニンには、活性酸素を抑制する効果が認められています。
痛風の予防、改善対策にも有効と言えるでしょう。

痛風発作の痛みを緩和する成分

これに加えて、田七人参には、田七ケトンという固有の有効成分を含有しています。

 

この田七ケトンは、痛風の発作の激痛を緩和する効果効能があるのです。

 

高麗人参の7倍とも言われるサポニンが血液を浄化しサラサラにし、血中尿酸値も引き下げ、田七ケトンが関節炎などの
発作に伴う激痛を緩和する、田七人参は、痛風の予防、改善の生薬としても優れていると思います。

消腫効果

痛風に伴う関節炎の発作のメカニズムは、尿酸が関節などの組織で針状の結晶となり、白血球がこれに対する攻撃を始めることによって
炎症が発生、激しい痛みとともに腫れをともないます。

 

田七人参はこの腫れをひかせる消腫効果に非常に優れています。

 

お血を解消させ、炎症を起こしている関節周辺の血流を改善して流し、激しい痛みを起こしている原因の発痛物質も血流を良くして
流してしまうからです。

 

これにより、腫れはおさまり、痛みも改善されます。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入