田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

「風に吹かれただけで痛い!」と、その症状の激痛を表現することから名付けられた痛風。
一般に、食事や飲酒などといった生活習慣と密接に結びついている病気と言われます。
ここでは、その痛風の具体的な症状について考察していきたいと思います。

 

痛風の初期に出る症状(発作)

よく、痛風の痛さを表現する言い方として言われるのが、

 

−足の指をペンチではさんで締め上げられるような痛さ−
−傷口に差し込まれたキリで、きりきりもみたてられるような痛さ−

 

などというものを聞きますよね。

 

これらは、痛風の経験の無い人からすれば、少し大げさなんじゃないの?と思うようなものかもしれませんが、実際に
痛風の痛さというのは、あらゆる病気の中でも最強レベルの痛さで、大げさでも何でもないようです。
それぐらい「痛い」のがこの病気の特徴です。

 

痛風になって、初めて症状として出てくる発作は、片方の足の関節部に発生する単関節炎が圧倒的に多い症例のようです。
足のどこか?といえば、足の親指の付け根がもっとも多く発生するところのようです。

 

これは、必ず一方の足であり、両方の足が同時に痛くなるということはまずないようです。

 

他の箇所としては、足首・くるぶし・足の甲やアキレス腱のついているかかと・足の親指以外の指・足底部、ひざ関節など
に激痛が出ることもありますが、最初に激痛の発作の生じる場所としては70%以上が、足の親指の付け根という症例結果です。

 

因みに、股間節や方の関節などの大きな深いところの関節には発作は出ません。

痛みは治まっても、放置しておくと…

このような激痛の発作は2〜3日程度続いて、1〜2週間もするとウソのように治ってしまいます。
しかし、治ったわけではありませんので、また再度痛風の激痛発作に襲われます。

 

治療せずに、放置している限り、この激痛の痛風発作は何回でもあらわれ、更に、その発作の周期がだんだん狭まっていきます。
遂には、四六時中激痛に襲われてのたうち回らなくてはならないようになってしまいます。

 

更に放置しておくと、関節炎だけに留まらず、腎臓にも症状が広がっていき、腎臓の働きが悪くなり尿毒症を引き起こしてしまいます。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入