田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

風に吹かれただけでも痛い、ということからその名の付いた病気である痛風。
一般的に中年男性に多く、生活習慣と密接に結びついていると言われます。
ここでは、そんな痛風の原因について考察していきたいと思います。

 

酒の飲み過ぎ

痛風になる第一の原因はコレ。
酒類、アルコールを含む飲料を飲むと、まず尿酸値が一時的にハネ上がります。
これは、アルコールが体内で分解される時に尿酸が作られ、その時に作られる乳酸が体内に尿酸を蓄積しようとする働きや、
一部の酒類には尿酸の素となるプリン体が多く含まれていることなどがその主な原因になります。

 

アルコールが代謝されるときに尿酸値が上がるメカニズムなので、酒類であれば痛風にとっては良くないと言えますが、
酒(アルコール飲料)の種類によって、尿酸の素となるプリン体を含む量は大きく異なってきます。

 

一般的に、プリン体の量は、ビールに最も多く、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒にはそれほど多くの量は含まれていません。

食生活・食習慣

まず、食べ過ぎは良くありません。
それから、食事内容は尿酸値に影響を与えますが、長期の調査結果からわかったことは、「肉食は痛風を増やし、海産物も痛風を少し増やす」
という事実があります。
その反対に、野菜や乳製品の摂取は痛風を減らすという結果も出ています。

 

痛風にならないためには、肉を食べ過ぎず、野菜の多い食事を心がける、ということがポイントになります。

 

あと、痛風患者の6割以上に肥満・メタボ傾向があることが判明しています。
食事とともに適度な軽い運動をして、肥満にならないように体重をコントロールすることも大事だと言えるでしょう。

 

(3)ストレス・過度で激しい運動

 

ストレスは尿酸値を上昇させることがわかっています。
また、ストレスがたまると、ストレスホルモンによって尿酸の排出を妨げ、悪循環になって痛風になりやすくなります。

 

運動も、適度で無理のない運動なら効果があって良いのですが、過度な運動や激しい運動は尿酸値を一時的にハネ上げます。
また、発汗や下痢で脱水状態になったときも血清尿酸値は急に上がります。
無理のある激しい運動や過度な運動を日常的にしていると痛風になりやすくなるのです。

 

ストレスはできるだけためないように発散し、運動は適度で軽度なものをするように心がけましょう。

 

(4)その他の要因

 

先天性の要因、他の病気の影響、尿酸値を上昇させる薬剤の服用の影響、などが挙げられます。

 

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入