田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

痛風。
その名前が示す通り、「風に吹かれただけでも痛い!」という意味が込められていると言います。
大げさなようですが、それほど痛いんだよ、という思いがそのまま病名になった珍しくユニークな病気ですよね。
ここでは、痛風という病気について考察していきたいと思います。

 

日本においては比較的新しい病気・痛風

痛風は、ヨーロッパやアメリカでは古くから知られていた病気でしたが、日本では明治以前の時代
にはほとんどなかった病気だと言われいています。

 

痛風が日本でも増加してきたのは、1960年代入ってからでした。
その原因は、第二次世界大戦後を経て、高度経済成長時代になり、日本人の食生活が急速に欧米化したからだと言われています。

 

その結果、食事に肉を中心とした動物性タンパク質や動物性の脂質を多く摂り過ぎるようになったことが痛風という病気
が増加する要因となったのです。

 

現在、日本では約60万人の痛風患者がいるとされています。
その90%が男性であり、40代50代の中年男性が大半を占めます。
女性の場合は、ほとんどのケースが更年期、閉経後の女性です。

痛風と生活習慣

痛風と生活習慣は密接な関係にあります。
すなわち、「よく食べる人」「よく飲む人」といったいわゆる暴飲暴食型や、そのわりに身体を動かすのが嫌いで慢性運動不足
で血液がドロドロになっている人がなりやすい病気です。

 

また、その反対で、過度なトレーニングや激しい運動をする人も、痛風になりやすい、という事実があります。
これは一般にはあまり知られていないことで意外なのではないでしょうか?

 

痛風というのは 、「プリン体」 の分解から生じる「 尿酸の結晶 」が血中に飽和して留まってしまい、それにより痛みが発症する病気なのです。

 

一旦、薬などで痛みがひいたとしても、生活習慣を改善しない限り何度でも痛風の症状がでますし、痛風は治りません。

 

痛風が厄介なのは、その猛烈な痛みに加えて、他の生活習慣病と結び付きやすい点です。

 

痛風持ちは、肥満や高血圧や高脂血症、また糖尿病などの生活習慣病と結び付き合併しやすく、動脈硬化もどんどん進んでしまいます。

 

その結果、痛風持ちはそうでない人と比較して、心筋梗塞や脳梗塞になりやすいというデータが出ています。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入