田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

日本人女性の平均閉経年齢の50歳の前後5年、すなわち45〜55歳ぐらいまでの期間を更年期と呼び、この時期のホルモンバランスの
激変によって引き起こされる身体の変調や症状を更年期障害と呼びます。

 

更年期障害は、個人差はありますが、一般的には、卵巣機能が急激に老化して衰え、エストロゲン(卵胞ホルモン)をはじめとする女性ホルモン
の分泌量が激減することにより、体内のホルモンバランスがアンバランスになってしまい、様々な症状が出てきます。
軽い重いの個人差はあるにせよ、通常はこの更年期障害の症状は日常の生活に支障が出てしまうほど辛いものが多いです。

 

ですので、更年期障害といっても、無策ではなく、ちゃんと対策を持って症状の緩和に取り組むことは必要になってきます。

 

ここでは、田七人参が更年期障害に対して有効な効能を発揮するメカニズムについて考察していきたいと思います。

 

田七人参にはホルモンバランスを整える効果がある!

更年期障害の辛い症状の主な根源は、やはり、ホルモンバランスの乱れ、アンバランスから来ています。
ですから、これを整えることが症状の緩和に直結するわけですが、一般的な更年期障害の治療法であるホルモン療法は、長期間に渡る
服用のために、副作用の問題を抱えています。

 

そこで注目されるのが、生薬である田七人参です。

 

田七人参には、ホルモンバランスを整えて更年期障害の諸症状を緩和する効果効能があります。
しかも生薬ですので副作用はありません。

 

更年期障害の症状として、高脂血症や高血糖になりやすいというものがありますが、田七人参の主成分であるサポニンは、
中性脂肪やコレステロールを体外に排出する作用を持ち、血液をサラサラにしてくれます。

 

ホルモンのバランスと、血液の成分バランスを同時に整えてくれる優れものの効果が田七人参には秘められているのです。

フラボノイド効果とアルギニンの働き

また、田七人参の有効成分にはフラボノイドがあります。
このフラボノイドは、万病や老化の素といわれる活性酸素を除去する働きがあります。
これにより、卵巣はじめ様々な機能が機能低下、老化していくことによって引き起こされる更年期障害の諸症状の緩和に
非常に効きます。
フラボノイドが活性酸素を除去し、抗酸化作用を発揮することにより、更年期の機能低下を最小限に食い止める可能性があるのです。

 

他にも、田七人参にはアルギニンが多く含まれます。
このアミノ酸の一種であり、古代から強壮に特に効くとされ、婦人病には欠かせない成分と言われているものです。

 

この他、田七人参には「ギャバ」と呼ばれる脳の神経伝達物質γ-アミノ酪酸も含まれていて、更年期障害の代表的な症状である
情緒不安定や集中力の欠如に非常に効きます。

 

このギャバには、精神のリラックス効果と、集中力を高める効果があるからです。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入