田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

一般に、閉経を迎える平均年齢50歳の前後5年、つまり45〜55歳ぐらいの年齢ゾーンの女性を更年期と呼びます。
この更年期、卵巣の働きが閉経に伴い急激に老化するために、女性ホルモンの分泌量が減り、そのために、体内の
ホルモンバランスがアンバランスになります。

 

このことが、更年期の女性の心身に様々な変調をもたらしてきます。
これを更年期障害と呼びます。

 

ここでは、更年期障害の具体的な症状について考察していきたいと思います。

 

更年期の初期によくみられる症状

更年期障害には当然、個人差が大きく、症状が重く強く出る人と、症状が非常に軽く、ほとんど出ない人に分かれます。
ですが、ほとんどの女性にとっては、更年期障害に共通した症状の出方はありますので、それをざっと見ていきたいと思います。

 

まず、更年期に入ったばかりの初期によく出る典型的な症状は、

 

a.月経の周期が長くなったり、短くなったり、狂ってきます。また不規則な出血があったりもします。
b.集中力が異常に無くなったり、眠れない不眠状態に陥ったり、四六時中イライラしたりします。
c.火照りやのぼせを覚えるようになり、暑くもないのにやたら発汗したり、逆に異常に冷えを感じたりします。
d.情緒不安定になり、異常に孤独感に襲われたり、鬱になったりします。

更年期中期以降によくみられる症状

次に、更年期も深まり、中期から後期にかけてよく出る典型的な症状について見ていきます。

 

.膣や膀胱の機能の老化が著しく、尿漏れを起こすようになり、また頻尿になってきます。細菌性膣炎や膀胱炎にも罹りやすくなります。

.

骨格系や筋肉の老化も急激にきますので、関節痛や腰痛に襲われやすくなります。また、子宮脱や足の慢性的なだるさも起こしやすくなります。

.
皮膚組織、特に角質層がホルモンバランスがカラリと変わることで急激に老化してきます。シミ、しわ、たるみがこの時期になると加速して
 増え、また皮膚の透明感が無くなります。

 

更に完全に閉経した後は、女性ホルモンの分泌量の劇的な減少によって、高血圧になりやすく、また、高脂血症や高血糖も引き起こしやすく、
そのために動脈硬化が進みやすくなります。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入