田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

日本人女性においては、閉経の平均年齢50歳の前後の10年間、すなわち、45〜55歳の年齢の女性が「更年期」と言われます。
この更年期に、女性ホルモンが急激に減少することによって引き起こされる様々な心身の変化や不調のことを更年期障害と呼びます。
ここでは、この更年期障害の原因とは何か?具体的な更年期障害の起こるメカニズムについて考察していきたいと思います。

 

ホルモンバランスの崩壊が引き起こす

更年期になると、女性は、それまではずっと周期的にあった月経が、40歳前後ぐらいから徐々に不規則でリズムが変調してきます。
生理の量が少なかったり、生理があっても無排卵というような現象も起こってきます。
そして、間隔が空きだし、やがて完全に月経が来なくなります。

 

これが、閉経です。

 

閉経の前後では、卵巣の働きの急速な衰えによって、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が急激に減少していきます。

 

更に、このエストロゲン(卵胞ホルモン)の急激な減少とは反比例するかのように、下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンは40歳あたりから
グングン分泌量が増えます。

 

このこれまでのホルモンバランスとは全く違った状態の分泌が、加齢とともに更年期に一気に押し寄せてくるので、ホルモンバランスが
アンバランスになってしまい、その結果「更年期障害」と呼ばれる様々症状を起こすのです。

ホルモンのアンバランスの起こるメカニズムとは?

卵巣が老化し、機能が衰えると、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が急激に減り、血中のエストロゲンの量も当然減少してきます。
脳の視床下部という場所はエストロゲンの量をチェックしています。
なので、「ん?エストロゲンの量が足りていないな」という判断を視床下部がして、性腺刺激ホルモン放出ホルモンという下垂体ホルモンを分泌します。
このホルモンの命令を受けて、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌されて、卵胞にエストロゲンを出すように命令しますが、いかんせん卵胞は
もう加齢によって老化しているので、エストロゲンを出すことはできなくなっています。

 

視床下部は「エストロゲンを出すように命令したのにまだ出てないぞ!どうなってるんだ?」と判断し、またもや性腺刺激ホルモン放出ホルモンを
分泌してエストロゲンを出すように命令しますが、卵胞は老化しているのでエストロゲンを出すことはできません。

 

視床下部はまたもや「エストロゲンを出せといってるだろう!何故出さないんだ?出せ!」と無限ループのように延々と性腺刺激ホルモン放出ホルモン
を分泌させ、エストロゲンを出すように命令する、といったことが更年期の女性の体内で延々繰り返されるのです。

 

この結果、性腺刺激ホルモン放出ホルモンはガンガン増加する一途を辿りますが、エストロゲンは増加しないどころか、減少の一途を辿るといった
ホルモンのアンバランス状態が引き起こされ、これが慢性化します。

 

これが、更年期障害の原因となるメカニズムだと考えられています。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入