田七人参の素晴らしい効果と成分を紹介しています

MENU
 

よく耳にする言葉ですが、具体的にはどのようなものか経験していないとわからないものですよね。
一般に、更年期障害というと女性専門だと思われがちですが、男性にも出現することがあるようです。
ですが、ここでは、主に女性における更年期障害について考察していきたいと思います。

 

そもそも、更年期とは何でしょうか?

 

更年期とは、女性においては、月経の無くなる閉経の前後約10年ぐらいの時期を指して呼びます。

 

日本人の女性の場合だと、だいたい40代に入ってくるとおよそ5〜10%の人に何らかの生理不順の兆候が見られるようになり、
45歳前後になると、急激に閉経し始める女性が増え始めます。
そして50歳前後になれば、ほとんどの日本人女性は閉経するのが普通です。

 

なので、前後に多少の個人差やブレはありますが、だいたい一般期には、閉経の平均年齢50歳の前後5年づつ、つまり、

 

「45〜55歳の年齢ゾーンの女性を、更年期と呼ぶ」

 

ということになります。

更年期に障害が起こるのはなぜ?

女性は閉経が迫ってくると、卵巣の働きが低下してきます。
そのため、主要で重要な働きをしている女性ホルモンの一つ、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がそれ以前と比べて急激に減少します。

 

徐々に、とか、段階的に、とかいった緩やかな減少ではなく、このエストロゲン分泌の減少は、文字通り閉経に近づく年齢になると
急激に劇的に起こってくるので、当然、身体(精神も)が驚き戸惑い、面食らって、さまざまなドラスティックな変化や反応をしてしまうのです。

 

この現象が、更年期障害 です。

 

因みに、この女性ホルモンは、ホルモン全体で見れば、特に女性に限って言えば、

 

「年齢と非常に大きく関係のある特殊な性ホルモン」

 

と言うことができます。

 

男性ホルモンと女性ホルモンを比較しても、その分泌サイクル(一生のうちの)や個体に及ぼす役割に大きな違いが見られます。

 

男性ホルモンは、身体の第二次性徴を進める働きがほとんどで、一生の内の分泌量を見ても、あまり大きな変化はなく、老齢になると
緩やかに、徐々に減少していく、といった自然な推移をとります。

 

これに対して、女性ホルモンは、生理や妊娠のコントロール以外にも、自律神経(交感神経と副交感神経のバランス調節)の安定をはじめ、
骨量(骨密度)の維持、記憶力をはじめとする大脳の機能の維持にも重要な役割を果たしています。

 

ですから、閉経が近づき、この女性ホルモンが急激に減少した女性の心身はパニックに近い状態になるのです。

白井田七が他の田七人参と違うポイント

錠剤タイプなので続けやすく飲みやすい
つなぎ以外の98%が田七人参なのでサプリメントながら田七人参の成分をそのままとることができる
無農薬、有機栽培で生産された現在最高の品質の田七人参なので安心感、成分のパワーが他の田七人参と違う
五万本の販売実績があり、何と94%の利用者が実感した実績の違い

安全で高品質な無農薬有機栽培で生産された白井田七は、以下のリンクから購入できます

白井田七購入